2017/7/1 土曜日

こんなのでてくる地球ってすごい

2017年6月2日(金)
第24回 社会科見学同好会 東京国際ミネラルフェア

今期最後の部活動はミネラルフェアです。ミネラルフェアとは、化石・宝石・鉱物の即売会です。東京では6月に 新宿、12月に池袋で行われるものが比較的大きめで、中でも新宿ショーと呼ばれるこの東京国際ミネラルフェアは、国内で開催される最も歴史あるミネラルフェアだそうです。
かたろぐ
なにで知ったのかはすっかり忘れしまいましたが、わたしは鉱物収集が趣味でして、この新宿ショーに参戦を始めて5年目になります。国内外からたくさんの業者さんたちがひしめき合うなかに、所狭しと並ぶ化石・宝石・鉱物たちは何度来ても目が輝き、心が躍ります。売り手の方が外国の方だったり、ほしいなあと思う石がグラム売りだったりすると、なかなか声がかけられずもどかしい思いをすることも。(時間帯によってはお祈りで居なかったり)
今年の東京国際ミネラルフェアでは特別展示として福井県立恐竜博物館から福井の恐竜がきてくれていました。

にくしょく!
↑フクイラプトル・キタダニエンシス
2017-06-02-14-37-51.jpg
↑ちいさいひとを眺めるつよし

そのほか本物のT-REXの大腿骨にタッチできるコーナーもあり、恐竜だいすきなつよしは大喜びでした。

2017-06-02-14-54-24.jpg
↑タッチするとタッチ証明書がもらえます。

たべられた!その顔やめて
うっきうきで回って手に入れた今年の戦利品はこちらです!

うつくしい!
グレープカルセドニー!
黒っぽくてよくわからないかもしれませんが、

買ってよかった…
実はパープルとグリーンがとても綺麗です。

石が好き、石を集めるのが趣味、というと大抵の人に変な顔をされてしまうのですが、こんな石ならいかがでしょうか?
ちょっといいかも、って方、お待ちしております。

Filed under: 99 未分類 — N谷 @ 2:25:52

2016/12/31 土曜日

激動の時代、胸躍る物語

2016年11月25日(金)
第23回 社会科見学同好会 江戸東京博物館 戦国時代展

 2015年くらいから女性を中心に巻き起こっている刀剣ブーム。私も例に漏れず、本屋などで刀剣特集の本は気がつくと手にとって見てしまう程度にはハマっております。
今回の部活動はそんな刀剣女子必見の戦国時代展!誰も来なくても、わたしは行く!という腹積もりでおりましたが(←それだと部活にならない)、つよしとちーちゃんが来てくれました。場所は江戸東京博物館、両国です。両国って初めて降り立ちましたが、駅構内からお相撲さんの特大パネルがあったりして、イメージ通りのお相撲さんの街というかんじでした。

 日本における戦国時代展の始まりとされる、享徳3年に関東で始まった「亨徳の乱」、応仁元年に京都で勃発した「応仁・文明の乱」から安土桃山時代の始まり(教科書ではこのあたりを戦国時代の終わりとされるそうです)までの100年あまりを網羅的に紹介する、これまでにない展示会ということ、東京では5年ぶりの公開となる重要文化財・義元左文字(刀)をたのしみに、いざ戦国時代展です。
りょーごーく!
実はこの展示会、義元左文字のほかにもう二振り、たのしみにしている刀剣がありました。が、なんと直前でその二振りが1月2日からの後期展示であることが判明!!!がーん!
展示入れ替えがあることはわかってはいたものの、展示内容の発表が公開の直前であったため、部活動の日程を決めるころには詳細は不明であったのです。まさか後期とは…。
多少しょんぼりしたものの、目の前にした義元左文字の美しさでショックさを忘れることにしました。気は取り直すものですね。

以下は常設展が楽しい我らです。(戦国時代展は撮影可なものが無く。)
こういうのだいすきです
たのしそう
↑ちいさいひとを眺めるひとたち
��和の家の玄関
↑サザエさん的な玄関からこんにちは。

実はこの戦国時代展に合わせて前日、別の刀を観に行ってました。
合わせて観たかった刀は後期展示だったわけですが…
日帰り京都

Filed under: 99 未分類 — N谷 @ 23:19:00

2016/12/29 木曜日

久々の活動です。

2016年11月18日に自動車同好会の活動として埼玉県飯能市にあるラー飯能でカートを行いましたのでご報告いたします。

今回はジュンマネージャー、カネショー君、シムシム君、カミジ君、私ヘルメットの5人が参加しました。今回は近場ということもあり集合時間は所沢駅に午後12時に設定したのですが、今回もなんと、なんとカネショー君が遅刻してしまうというハプニングがあり予定時間より1時間ほど遅れましたがラー飯能に到着し、カートを始めることができました。

参加者全員約10か月ぶりのカートにブランクを感じさせることなくカートを楽しんでいました。ジュンマネージャーは相変わらず早く、カネショー君はコースをアグレッシブに攻め、カミジ君はコースを研究するように走り、シムシム君は安定して遅かったです。私ヘルメットですか?もちろん加齢による動体視力の衰えで、安全運転に終始していました。

最後にタイムアタックを行い、順位はジュンマネージャーが1位でした。こんな自動車部ですが、今回はカートでしたが、ほかにもスポーツカーレースやフォーミュラレース(F1は除く)にも行きますので、みなさんのご参加お待ちしています。

image11.JPG

image51.JPG

Filed under: 99 未分類 — たーちゃん @ 14:25:46

2016/12/1 木曜日

久しぶりの4人で活動です!

ここ最近ブログの投稿の回数が多いファミです!!

早速ダンス部の活動報告をさせていただきます。

11月の活動日は8日の1回だけとなりました。活動場所はいつも利用していた吉祥寺のスタジオが使えなかった為、初めて渋谷のスタジオで行いました!

参加メンバーは、したなか部長とすいすい副部長とファミと今期初参加のおかだ副店長です!  やっとおかだ副店長が参加してくれてファミは嬉しいです!

いつもと違うスタジオと久しぶりの活動というのが重なり色々と新鮮な感じでした笑

ドタバタしていてやっと新年会に向けて本格的に練習が始まりました。前回に比べてかなり時間が少ないので頑張って練習します。

Filed under: 99 未分類 — ファミ @ 1:20:20

2016/10/31 月曜日

マンガは、芸術なのか?

2016年9月20日(火)
第22回 社会科見学同好会 ルーヴルNo.9

マンガ、ときいたら何を思い浮かべますか?子供のころ夢中で読んだ漫画を思い出す人もいるでしょうし、漫画なんて大人になってまで読むものではない、と思う人もいるかもしれません。わたしはもう、いい大人な年齢ですが、現在進行形で漫画が大好きです。素晴らしいですよね、漫画!

今回の同好会活動は六本木の森アーツセンターギャラリーにてルーヴルNo.9です。ルーヴルとは、ルーヴル美術館のことなのですが、それと漫画に何の関係が?と思われることでしょう。フランスには、日本でいう「漫画」、アメリカの「コミックス」のように、フランス独自に発展してきた「バンド・デシネ(BD)」という漫画文化があるそうです。大衆的な作品からそうでないものまで、子供から大人まで幅広い年代の人たちに楽しまれていることから、フランスにおいてBDは「第9の芸術」と位置づけされています。
1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという、かつてない新たな試みとして「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を立ち上げました。これは漫画という表現方法を通して、より多くの人にルーヴル美術館の魅力を伝えるための企画で、漫画家たちにルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらおう、というわけです。日本からも「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦さんや、「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリさん、「孤独のグルメ」の谷口ジローさんらが参加されていました。

横殴りの暴風雨に揉まれながら合流を果たしたこの日のメンバーは、つよし・ざかまつさん・初登場みまさん、そしてわたくしN谷です。音声ガイドは神谷浩史さんということで耳のテンションも高めです(主にわたしが)。米津玄師さんによる公式テーマソング「ナンバーナイン」が流れる中、開場!
扉が開いてすぐ現れたのは無数の絵を纏うサモトラケのニケ。
さもとらけのにけ
ギリシャ共和国のサモトラケ島で発掘され、現在はルーヴル美術館の所蔵されている勝利の女神ニケの彫像です。

美術展・博物館は自分のペースで鑑賞すべし!が鉄則な我が同好会メンバーは、入るなり早速ちりぢりに…。「孤独のグルメ」谷口ジローさんの、何の狂いも無い緻密な背景に度肝を抜かれたり、「ジョジョの奇妙な冒険」荒木飛呂彦さんの描く岸辺露伴に見入ってみたり、「魔女」五十嵐大介さんの、美しい海の中の物語にうっとりしたりと、じっくりみていたおかげですっかりみんなを待たせるはめに。どうもごめんなさい。
どうも海外の漫画に読みづらさをかんじていましたが、その答えを美術展の中に見つけた気がします。「日本の漫画は主人公のキャラクター性が重要視され、人物が物語を動かすが、海外の漫画は物語が人物を動かす。」というようなコメントをされてらした方がいて、ものすごく納得しました。日本の漫画に慣れている私はどうしても、無意識にコマの中に個性を持った主人公を探してしまうようで、それが少ない(そう感じる)海外の漫画に読みづらさを感じていたようにおもいます。もちろんそれはどちらがいいわるいではなく、文化の違いって面白いなあという話です。
最後に入口で集合写真↓
つよしもやればよかったのに

左からサモトラケのニケ、ミケランジェロの瀕死の奴隷、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザです。

たくさんの作品がありましたが、閉館後の真っ暗な美術館を「くじらのおなかみたいだな」と表現されてらした、「ピンポン」の松本大洋さんによる「ルーヴルの猫」が、この日みたなかで、一等お気に入りです。

なんばーないん

Filed under: 99 未分類 — N谷 @ 23:57:06
次のページ »


Copyright © 2008 Hirasawa-shoukai Co., Ltd. All Rights Reserved