2019/3/25 月曜日

久々のフットサル部

月21日(木)、久々にフットサル部を行いました。社内から13名、社外から6名の参加で、総勢19名でした。社外はKDDIJ:COM・派遣会社などいつもお世話になっている企業の方々です。 

まずは集合写真。なかなか強そう?

1.jpg
 
 
ナガイ専務もジムに行く前に遊びに来てくれました!!

2.jpg
 
 
集合写真のときにはまだ仕事中だったオオクボ君・イノマタ君。途中参加もウエルカム。

3.jpg
 
 
スローな感じでやろうと思いましたが、意外とみんな本気でした・・・(苦笑)

4.jpg
 
 
フットサルは1チーム人で行うので、今回はチームに分けてローテーションで楽しみました。空いている時間は各々自由に過ごします。 

パターン① 真剣に試合を見たり

5.jpg
 
 
パターン② 談笑したり

6.jpg
 
 
パターン③ 休憩室でくつろいだり

7.jpg
 
 
次回は28日(木)です。だいぶ暖かくなってくるので、「パターン④ デッキスペースで、ちょっとしたパーティー」もやってみたいですね。まだちょっと早いかな?いろいろと楽しみましょう。ではでは、興味のある方は見に来るだけでもOKです。是非遊びにきてください。

Filed under: 01 フットサル — フットサル部 @ 17:32:59

2017/12/1 金曜日

だからこそ、投げてみた。

10月6日(金)、三鷹で活動を行ないました。

この日は心なしか、参加者の動きがいつもより軽やかでした。

1452.jpg

それは 、ウォーミングアップにこれを取り入れたからです。

1451.jpg

その名は「エックス・ジャイロ」。

仰々しいネーミングですが、単なるプラスチックの筒です。

これを投げるんです。

空洞部が進行方向を向くように放つと、100メートルくらい飛んでいきます。

1444.jpg

よく考えたら、自分が投げたものが落ちることなく飛んでいくって凄いことです。

1445.jpg

「永遠に飛んでいく」というロマンに駆られ、夢中で投げ込むハラシマ副所長。

5.jpg

時にはこうなります。

こんな光景、小学生のときによく見たっけ。

Filed under: 01 フットサル — フットサル部 @ 5:53:07

2017/11/1 水曜日

助走の距離

9月6日(水)、三鷹で活動を行ないました。

この日は、やまだ副主任、おかだ副店長とPK対決によりフットサルを哲学しました。

img_13311.JPG
痛烈なシュートを放つ、おかだ副店長

フットサルのPKはゴールまでの距離が短いこともあり、助走距離のほうが長かったりします。

その助走距離をどう使うか。

初動から全力で駆け出すか、疲れないように徐々に加速していくか。

はたまた終始徐行か。

どれが一番決定率が高いかなんて、もちろんわかりません。

でもどんな助走にしようか考えていたら、1回1回の自分の出番、ボールの行方に不思議とワクワクしました。

次はスキップでやってみます。

Filed under: 01 フットサル — フットサル部 @ 2:55:57

2017/8/31 木曜日

夢追い人

7月12日(水)、三鷹で活動を行ないました。

初参戦のやまもと店長を筆頭に、おかだ副店長、ばば主任、やまだ副主任、やすたけ副主任、おおくぼ君と通信事業部から多数ご参加いただきました。

加えて、はらしま副所長も駆けつけてくださいました。

昼間の日差しを吸い込んだ屋内コートは、「蒸し風呂」では済まない空間と化していました。

img_1252.JPG

着替えるだけで大量の発汗。

走ろうものなら、僕たちには滝汗という選択肢しか与えられません。

コートの隅に据え置かれた数台の業務用ジャンボ扇風機は、砂漠に突如現れたオアシスのような気高さと、いささかの無力さを帯びていました。

img_1257.JPG

そんな極限の空間において僕たちを突き動かしたのは他でもない、たった一つの球体でした。

幼子が石ころを蹴るように、無心で一つの対象を追いかけました。

そして行き着いたのがこちら。

img_1269.JPG
出る汗もないほどにやりきりました。

そうか、これが人生か。

Filed under: 01 フットサル — フットサル部 @ 23:57:18

2017/7/31 月曜日

異次元

6月16日(金)、三鷹で活動を行ないました。

この日は、鬼塚主任のお知り合いの方々にもご参加いただきました。
皆様、超絶テクニシャンでした。

img_1227.JPG
中央でボールをキープするイイヌマ君

鬼塚主任のお知り合いの方々は、とにかくプロかった・・・。
足技も運動量も3次元では収まらないほど凄まじかったです。
そもそもボールに対する“愛情”が素晴らしすぎました。

その方々に私たちは圧倒されっぱなしでした。
しかし、ハラシマ副所長・イイヌマ君・ハセベ君・イシオカ君の部品事業部カルテットはちゃっかり得点していました。

Filed under: 01 フットサル — フットサル部 @ 13:00:01
次のページ »


Copyright © 2008 Hirasawa-shoukai Co., Ltd. All Rights Reserved