2016/12/29 木曜日

久々の活動です。

2016年11月18日に自動車同好会の活動として埼玉県飯能市にあるラー飯能でカートを行いましたのでご報告いたします。

今回はジュンマネージャー、カネショー君、シムシム君、カミジ君、私ヘルメットの5人が参加しました。今回は近場ということもあり集合時間は所沢駅に午後12時に設定したのですが、今回もなんと、なんとカネショー君が遅刻してしまうというハプニングがあり予定時間より1時間ほど遅れましたがラー飯能に到着し、カートを始めることができました。

参加者全員約10か月ぶりのカートにブランクを感じさせることなくカートを楽しんでいました。ジュンマネージャーは相変わらず早く、カネショー君はコースをアグレッシブに攻め、カミジ君はコースを研究するように走り、シムシム君は安定して遅かったです。私ヘルメットですか?もちろん加齢による動体視力の衰えで、安全運転に終始していました。

最後にタイムアタックを行い、順位はジュンマネージャーが1位でした。こんな自動車部ですが、今回はカートでしたが、ほかにもスポーツカーレースやフォーミュラレース(F1は除く)にも行きますので、みなさんのご参加お待ちしています。

image11.JPG

image51.JPG

Filed under: 10 自動車 — たーちゃん @ 14:25:46

2016/3/22 火曜日

スギはすごくスギ(好き)ですか?

2016年2月19日に自動車同好会の活動として埼玉県飯能市にあるラー飯能でカートを行いましたのでご報告いたします。

今回はカネショー君、コジマ電○君、カミジ君、私ヘルメットの4人が参加しました。今回は近場ということもあり集合時間は所沢駅に午後1時に設定したのですが、今回はなんと、なんとカネショー君が集合時間ぴったりに集合場所とは違う場所に着いてしまう(青梅駅)というハプニングがあり予定時間より1時間ほど遅れましたがラー飯能に到着し、カートを始めることができました(カネショー君の体調不良による乗り間違えです。皆さん彼を責めないでください)。


image31.JPG
今回の活動場所のラー飯能。周りは全部杉林です。

カミジ君以外の三人は以前カートをしたことがあるので事前の説明は簡単に終わりいざ本番となりました。私ヘルメット以外の参加者は10分×3セットほどカートを行ったですが、私ヘルメットは加齢の為動体視力が低下しており、10分×1セットのみ走行しました。という事は残り2セットはコースサイドで参加者の走行を観ていたのですが、コースの係員の人に言われたのがまさかの「見守る姿がお父さんみたいですね~」でした。以前au課にいたころ「お店のお父さんみたい!!」と言われたことがありますが、まさか社外の人まで言われるとは風格が出てきて喜んで良いやら、若さが無くなって悲しんだほうがいいやら悩んでしまいました。


image21.JPG
先頭よりコジマ電○君、カネショー君、カミジ君。


image41.JPG
係員に手取り足取りカートの上達方法を学ぶコジマ電○君とそれを盗み見ているカネショー君。

そうして1セット目よりも2セット目。2セット目よりも3セット目参加者全員タイムを上げることが出来、走行を終了しました。今回はタイムアタックをするというよりは個人個人のレベルに合わせてカートを楽しんでいただきたかったので当初の目的は達成出来ました。帰りの途中でファミリーレストランに立ち寄り少し早い夕御飯を食べて解散しました。


image11.JPG
帰り際に右からカネショー君、コジマ電○君、カミジ君です。参加してくれてありがとうございました。

ちなみにタイトルの「スギはすごくスギ(好き)ですか?」 はカート場の周りはすべて杉林です。「杉花粉の花粉症の方はとても参加が難しい」ですという意味です。中途半端な冗談で申し訳ありません。

最後に、いつもの言葉で締めくくらせていただきます。モータースポーツは五感で感じるスポーツ(視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚)で心を揺さぶるスポーツです。モータースポーツは(車)はただの移動手段ではないのです。

これをお読みいただいた皆さん。次回の自動車同好会の活動のご参加お待ちしています!!

Filed under: 10 自動車 — たーちゃん @ 21:40:33

2015/12/31 木曜日

人生は何が起こるか分からない。

2015年11月15日に自動車同好会の活動として栃木県にあるツインリンクもてぎでスーパーGT最終戦を観戦してきましたのでご報告いたします。

今回はジュン店長、カミショー君、初参加のカミジ君、私ヘルメットの4人が参加しました。朝6時国分寺駅集合にもかかわらず全員時間通りに集合してツインリンクもてぎに向かいました。天候はレース内容は面白くなる雨のち晴れという天気でした。全員びしょ濡れになる覚悟で栃木に向かいました。


image21.JPG

レース開始前にも普段の落ち着きを忘れずに仕事のメール
をチェックするジュン店長。

image3-1.JPG
年間王者に輝いた「1号車モチュールオーテックGT-R」

image1-1.jpg
ホンダコレクションホールのバイクに興味津々のカミショー君とカミジ君

ツインリンクもてぎについても上記写真のように天候の悪い中での観戦となりました。レース開始1時間前には晴れ間も見えてきましたが、レース開始30分前に航空自衛隊のブルーインパルスの展示飛行もできなくなるくらいの曇り空になり、とうとう開始5分前からは本降りとなってしまいました。初観戦のカミジ君やレース2回目のカミショー君には申し訳ないのですが、レースは路面がウエット(雨で濡れている)→ドライ(乾いている)と複雑な路面変化でコース上での抜きつ抜かれつのバトルを楽しむ事ができ私のようなマニアにはたまらないレースとなりました。優勝は37号車キーパートムスRC-F。年間王者は逆転で1号車モチュールオーテックGT-Rでした。

タイトルの「人生何が起こるか分からない。」はこのレース内容もそうですが、私の自宅のPCも最近壊れ始めてしまいブログ投稿が困難になっているということです。普段写真が多い自動車同好会ですが、かろうじて写真3枚アップするのが限界でした。いろいろ考えさせられた自動車同好会活動でした。

Filed under: 10 自動車 — たーちゃん @ 2:17:05

2015/5/6 水曜日

車好きでも・・・。

2015年5月4日に自動車部の活動として静岡県にある富士スピードウェイでスーパーGT第2戦を観戦してきましたのでご報告いたします。

今回はジュン店長、カネショー君、私ヘルメットの3人が参加しました。「去年は4人だったのにな~頑張って参加人数集めなくては」と考えながら午前7時に国分寺駅に集合して富士スピードウェイに向かうはずでした。「はずでした~」となったのは自動車部の活動では珍しく私ヘルメットが集合時間に遅刻してしまったのです。そして珍しくジュン店長が時間どうりに集合場所に着いていたのです。これは波乱の幕開けのような、ただ単に私が乗換案内アプリの見方が分からなかっただけであり、携帯電話の店員らしからぬミスをした訳であり、またまた北の国からの純君の口調になってしまった訳で。

と前置きはここまでで、ここから渋滞に巻き込まれて大変でした。出発した私達は中央道→富士五湖道路を経由して富士スピードウェイに向かいました。国立府中インターチェンジから中央道に入ったのですが、いきなり渋滞に巻き込まれました。去年は朝6時出発で渋滞にあまり巻き込まれませんでしたが、たった1時間の差で去年は2時間で到着した道のりを4時間かかりました。「恐るべしゴールデンウィーク」と考えながら車中から見える富士山を眺めていました。

img_2467.JPG
いざ富士スピードウェイへ!!

img_2472.JPG
富士山がとても綺麗でした。

サーキットに到着すると今回はシム君がいないのでレースクィーンを観たいという人がおらず、ピットウォークのチケットは購入せず、観戦場所を確保するべくメインスタンドに向かいました。サーキットで整備された観戦席があるのはどのサーキットもメインスタンドぐらいであとは芝生(又は雑草)の上レジャーシートを敷いて観戦することになるからです。我々がレジャーシートを用意してる訳もなく真っ直ぐにメインスタンドに向かいました。

img_2473.JPG
ジュン店長とカネショー君です。ジュン店長は著作権とかプライバシ
ーだとか言って正面から写真撮らせてくれません。せっかくの美男子
なのに残念。

img_2475.JPG
カネショー君と私ヘルメットです。

メインスタンドに到着するとコース上では「グリッドウォーク」といいまして、コース上にレーシングカーを並べてパドックパスを持っている人たちがコース上のドライバーやレースクィーンを観たり話したりする時間でした。

そもそも今回観戦した「スーパーGT」がどのようなレースか少し解説させていただこうと思います。このレースは1994年から続く21年以上続いている歴史あるGTカー(「グランドツーリングカー」大まかに言いますとスポーツカー)レースで、F1や自動車部が観戦に行くスーパーフォーミュラは「フォーミュラカー」と言ってタイヤとドライバーが剥き出しになっているレースになります。

開始当初は国産GTカーに少し改造したレースだったのですが、少しずつ改造範囲が広がりました。市販車のキャビン部分を残せばフロント部分とリア部分は自由に作成出来たり、駆動方式の変更(セリカがFRで走っていたことも!!)も自由に出来たりとGTカー作成コスト高騰が問題となりました。そこでコスト削減の為に2014年から共通部品化が図られ60種類の部品が共通化されました。一例ですとモノコック、ドライブシャフト、ギヤボックスなどです。

そのようなGTカーが1台あたり2名のドライバーが交代で乗り込み300㎞~1000㎞で争います。またクラスが500馬力の「GT500」と300馬力の「GT300」に分かれて同時に走ります。イメージですが、原付自転車と普通のバイクのレースが一緒にレースをしていると例えればイメージしやすいでしょうか。そんなレースです。

img_2477.JPG
いつ来てもスーパーGTはお客さんが多い!!

img_2479.JPG
ピットウォーク中のコース。パラソルの下にはレースクィーンのお姉
さんが100人以上・・・。昔は200人超えていたそうです・・・。

img_2483.JPG
グリッドウォーク前。これからコース上にお客さんが出てきます。

img_2489.JPG
スタート3分前。予選1位のニスモ(赤)と予選2位インパル(青)のG
T-R2台。

img_2494.JPG
予選下位のマシーンです。NSXかRC-Fばかりです。今回のレースはG
T-Rの速さが際立っていました。

img_2500.JPG
スタートシーン。

img_2505.JPG
こんなに近くでレーシングマシーンを観れます。

そしてレーススタート。今年もレースが荒れました。10周目にパンクによるクラッシュがありセフティーカー(コース上のパトカー)が入って再スタートとなり、荒れたレースとなりましたが総合優勝は1号車「MOTUL AUTECH GT-R」。2位は去年総合優勝した12号車「カルソニック IMPUL GT-R」でした。レクサスの最上位は3位の「PETRONAS TOM´ RC-F」、ホンダの最上位は4位の「KEIHIN NSX CONCEPT-GT」と圧倒的に日産GT-Rの速さが際立ったレースとなりました。

img_2506.JPG
GT-R、RC-F、NSX三車共に分解するとこのモノコ ックになります。

img_2507.JPG
三車とも2014年より60品が共通部品になっています。

img_2508.JPG
市販版RC-F約1200万円します。うーん私には縁がなさそう。

img_2511.JPG
2013年まで活躍していた09年規定のレクサスSCです。

img_2514.JPG
世界耐久選手権(WEC)を戦うトヨタ040です。

img_2513.JPG
ミシュランのキャラクター「ビバンダム」暑そうでした。

img_2515.JPG
イベント会場ではステージショーも。シム君観たかっただろうな・・・。

レース終了後帰路に着いたのですが、去年と同じく中央道上りの渋滞に巻き込まれました。皆さんもニュースで耳にしたことがあると思うのですが、「中央道小仏トンネル」から始まる渋滞です。本文冒頭で書きましたが行きは4時間で到着した同じ距離を5時間かけて帰りました。しかもサーキットから出るのに2時間かかりました。サーキットに来るお客さん約6万人が基本的には自動車しかないことを考えると込み合うのは仕方がないのですが、さすがに2時間は辛かったです。鈴鹿サーキットは電車でも行けるサーキットなだけに富士スピードウェイの不満点は交通手段が自家用車かバスしかないことでしょうか。帰りの車内私が一人で運転して帰りました。去年とは違い、ジュン店長もカネショー君も起きててくれたので、眠かったのですが、去年よりは辛くはありませんでした。しかし自動車部の活動が朝7時から夜23時の16時間。そのうち往復9時間車中にいるというのは「車好きでも」さすがにこたえました。

モータースポーツは五感を刺激し、魂を揺さぶるスポーツです。今回はレース観戦でしたが、カートやスポーツカーも乗りに行きますのでぜひ皆さんのご参加お待ちしています!!

以上活動報告とさせていただきます。

Filed under: 10 自動車 — たーちゃん @ 13:12:08

2015/2/5 木曜日

いつかみんなで行きたいね雪の積るカート場に

2015年2月5日に自動車部の活動として埼玉県入間市にあるサーキットスタジアム634でカートを行ってきましたのでご報告いたします。

今回はワタル主任、ジュン店長、ポン店長、シムシム君、カネショー君、コジマ電○君、answer141君、私ヘルメットの8人が参加しました。

今回は朝から関東は雪という予報が出ており集合時間は所沢駅に午後12時に設定しました。今回はみんな集合時間を守ってくれた訳で、そのおかげで部活動が順調に進行した訳で、部長兼任マネージャーの私はみんなに感謝した訳で・・・また北の国からの純君の口調になった訳で。

と前置きは置いておいてサーキットスタジアム634(「ムサシ」と読みます。)に予定時間通りの12時30分に到着してカートを始めました。

img_2246.JPG
インドアカート場サーキットスタジアム634。

img_2119.JPG
このようなカートに乗りました。

この日は冒頭にも書きましたが、関東全体に雪の予報が出ており、ここ入間市でも雪が降っていた訳でインドアカート場といえども吐く息もすぐに白くなるくらい寒い中での走行となりました。気温が寒いと空気中の酸素の密度が高くなり燃料の燃焼効率は上がるそうですが、タイヤや路面のコンクリートは暖まらずに固いままでスリップやスピーンの可能性が高くなる難しいコンディションとなりました。

img_2118.JPG
ルールやコース説明映像を真剣に観る参加者達。

img_2183.JPG
ポン店長の指導を真剣に聞くコジマ電○君、answer141君。

今回はコジマ電○君とanswer141君が初カートということもあったので、上級者クラスと初心者/中級者クラスに分けて練習走行、予選、決勝レースを行うことにしました。

img_2157.JPG
コースインの準備に余念がない参加者達。

練習走行、予選の結果初心者/中級者クラスがシムシム君、カネショー君、answer141君。上級者クラスがワタル主任、ジュン店長、ポン店長、コジマ電○君となりました。練習走行の時には初心者のコジマ電○君やanswer141君、そして経験者であるはずのシムシム君がかなりラップタイム(1周当たりのタイム)が遅く、大丈夫かな?と思っていましたが、予選走行までにはラップタイムを平均的なタイムまで上げてくれたのでホット一安心するのと同時に最近の若者の順応性の高さを感じました。

img_2243.JPG
決勝レース前のスターティングポジションに着く各選手。

img_2263.JPG
ラップタイムも高いレベルでの戦いとなりました。

img_2268.JPG
チェッカーフラッグを受ける選手。

img_2279.JPG
初級者、中級者クラス表彰式。

img_2288.JPG
上級者クラス表彰式。

結果は初心者/中級者クラスが優勝answer141君。上級者クラスがポン店長となりました。両クラスとも接戦で見ごたえのあるレースでした。最後に記念撮影をしてサーキットスタジアム634を後にしました。

img_2292.JPG
皆さんご参加ありがとうございました。

モータースポーツは「スポーツ」と言うだけあってF1などをテレビで観るのもいいですが、レーシングカートに乗るなどして五感で感じるスポーツ(視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚)でもあります。そして心を揺さぶるスポーツです。車はただの移動手段ではないのです。

皆様の参加お待ちしています!!

Filed under: 10 自動車 — たーちゃん @ 22:04:08
次のページ »


Copyright © 2008 Hirasawa-shoukai Co., Ltd. All Rights Reserved